ホーム

美は一日にしてならず

読了までの目安時間:約 2分

20代までは自分のお肌の状態もそんなに気にする事もなく、好き勝手に暮らしてきたような気がしますが、お肌の曲がり角と言われる30代になると、今までのようにはいかなくなってきました。

まず30代になってから、朝起きて枕の後が顔についてなかなか消えないことでショックを受けていたのもつかの間、化粧水と乳液のみのお手入れだけではお肌がガサガサになってしまい、とても大変な状態になってしまっていました。

このままではいけないと思い、化粧水と乳液の後に保湿クリームを使うようになりました。どうやらお肌の水分量が著しく不足していたようです。寝ている間に肌は作られるらしいので、11時までには必ず寝るように心がけ、お肌のパックもするようになりました。

それから毎日湯船にしっかりと浸かり、心身代謝を良くする事も大事です。血行が良くなって、お肌の状態も改善します。それから曇りの日でも日焼け止めを塗り、肌に直接的な刺激を与えないこと。内面的な所からもお肌には不調が現れやすいので、なるべくストレスを溜めないようにすることも大事です。肌は少しの変化でも影響を受けやすいので、臨機応変に対応しなければいけません。洗顔の時はゴシゴシ擦ったり、冷たい水で洗い流すのは止めましょう。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報